打撲とは すね打撲 打撲対処方法 打撲治療

スポーツ選手のサポートします!

スポーツが原因によるケガといっても様々。 プレー中に起こる打撲や捻挫・肉離れは、誰もが知っているスポーツ外傷の一つです。しかし、「使いすぎ症候群(オーバーユース)」と言われ、身体を酷使することで発生する疾患もあるのです。

幼少期からの専門的クラブ活動により、過酷な練習環境が子供たちの身体を危険にしている現状もあります。痛みがあれば、相談することをお勧めするとともに「ケガの予防」をとることが大事ですね。

テーピングなどを貼ることによって、けが予防・パフォーマンスアップの効果も期待することができます。当院では、ケガの治療はもちろんですが予防医療にも力を入れていますのでお気軽にご相談ください。

応急処置

RICE(ライス)処置

RICE(ライス)とは、応急処置の基本である【Rest(安静)】、【Ice(冷却)】、【Compression(圧迫)】、【Elevation(挙上)】の頭文字をとったもので、打撲や捻挫など、スポーツでよく起こるケガの多くに対応できる応急処置です。

処置が早ければケガの回復は早くなるので、RICE処置を正しく理解して、いざというときに実践できるようにしておきましょう。

よくあるスポーツ外傷と対応
打撲 身体を強く打ちつけることで起こる打撲は、日常的にもありふれたスポーツ障害といえます。
捻挫 捻挫は、関節が急激なねじれによって炎症を起こすスポーツ障害です。
肉離れ 肉離れは、急激な筋肉の収縮が起こることによって筋肉組織が断裂する疾患です。
骨折 骨が折れてしまう骨折は、スポーツだけでなく日常生活にも支障をきたす疾患と言えます。
脱臼 脱臼は肩や肘などの関節が抜けてしまうことで起こる疾患です。
突き指 突き指は、指が強く押し込まれることで起こるスポーツ障害です。
椎間板ヘルニア 脊椎や腰椎の一部が飛び出す椎間板ヘルニアはスポーツ障害としても発生します。
オスグッド オスグッド病は、頸骨が剥離して痛みを感じ、成長期に多い疾患です。

診療時間

 

午前
午後
-

午前 08:30-12:00 午後 14:30-20:00

日曜・祝日の午後 14:30~18:00

↑ PAGE TOP